新技術・新製品開発促進助成対象事業として採択 ~「見守りシステム」のスマート化事業で IoTコントローラの小型化とコストダウンを実現~

株式会社ジェイエスピー(神奈川県横浜市、代表取締役:稲田 彰典、以下 ジェイエスピー)は、横浜市が実施する新技術・新製品開発促進助成(以下、SBIR)について、『IoTによる「見守りシステム」のスマート化』事業が採択されましたのでお知らせいたします。
これによりジェイエスピーでは2017年3月へ向けてIoTコントローラの小型化とコストダウンの実現を目指します。

1. 事業概要
本事業は当社製品「動物見守りシステムmonipet」の技術基盤を活かして、各種センサの接続が可能で、かつアプリケーションソフトウェアの動作基盤を搭載したIoTコントローラの製作を目的としており、医療、介護をはじめとした見守りを必要とする分野におけるIoT基本プラットフォームとしての役割を期待しています。

2. 開発日程
販売開始:2017年3月予定
量産開始:2017年7月予定

3. SBIRへの応募背景
これまでジェイエスピーは動物病院向けに「動物見守りシステムmonipet」を販売しており、システム内ではIoTコントローラに相当する機器を既に利用しています。この機器をより汎用的な部材で再構成したり、広範囲をサポートする機能を付加したりすることで、昨今IoT分野で社会的なニーズが高まっている小型で安価なIoTコントローラを実現できるのではないか、と考え応募に至りました。
今回のチャレンジが広い分野でのIoT普及の一助になることができればと考えております。

4. 今後の展開
ジェイエスピーは動物見守りシステムの先駆者として、動物病院を中心に見守りシステムの市場開拓に積極的に取り組んでまいりました。また、並行してIoTやM2Mを実現する基盤技術のさまざま知見をシステム開発事業から蓄積しております。
見守りシステムとIoT(Internet of Things)やM2M(Machine to Machine)の基盤技術の両者を組み合わせ発展的に統合することで、動物病院での見守りシステムの高度化やHEMS、農業での活用を想定しています。

■横浜市経済局記者発表
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h28/20161020134842.html
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shien/sbir/20161013144602.html

■動物見守りシステムmonipet
http://www.moni-pet.com/

【会社概要】
商号  : 株式会社ジェイエスピー
代表者 : 代表取締役 稲田 彰典
所在地 : 神奈川県横浜市西区高島2-6-32 横浜東口ウィスポートビル
設立  : 1980年1月25日
事業内容: ソフトウェア開発、製品販売
資本金 : 3,000万円
URL   : http://www.jspnet.co.jp

[注]・monipetおよびmonipetロゴは株式会社ジェイエスピーの登録商標です。