ナニワのダ・ヴィンチ」としてメディア登場多数。株式会社NFL代表取締役・川辺友之の講演会。最新の顧客獲得手法で紳士服業界再編に挑んだ軌跡。 

大阪市中央区谷町は、かつて約140社が軒を連ねた紳士服業の一大拠点だったが現在残るのは株式会社NFLを含めて数社。

今なお谷町に縫製工場を置き縫製を続けるのはNFLのみとなった。

1952年創業のNFLは川辺友之で3代目。かつては大手アパレルの製造メーカーとして主に紳士礼服を縫製し、最盛期年商60億円を数えた同社だが、大手取引先の相次ぐ倒産の煽りを受けて負債は数十億円にまで膨らむ。

川辺は東京で就職後、1998年に大阪に戻り家業に戻るものの、当時の家業はどん底。そんな1999年、楽天市場の説明会で三木谷社長から掛けられた「スーツはネットで売れる」の一言に一念発起し、ネット小売の世界に飛び込むことを決意。インターネットでの集客・販促を学び販促広告費を9割削減、実店舗の売上は2年で4倍に。

更に融資に頼らない資金調達方法としてクラウドファンディングの運営にも乗り出す。失敗と成功の事例を余すこと無く。

参加費無料】2016年10月18日 18:20~ 

大阪市社会福祉指導センター5階

「ナニワのダ・ヴィンチ」としてメディア登場多数。

株式会社NFL代表取締役・川辺友之の講演会

【年商60億から負債数十億円 諦めない再生劇】

大阪市中央区谷町で紳士礼服の製造小売を手掛ける株式会社NFLは、1952年創業した川友株式会社を起源に持ちます。この会社はシベリア抑留から生還した祖父が興した会社です。

山あり谷ありの中にあって、創業から一貫して変わらないのは「礼服の黒の生地専門」にしていること。

2代目も3代目川辺もこの祖父の黒い生地特化が今も生き残れた要因と語ります。

高度成長期の追い風を受け、当社も成長の一途と辿り、1980年代にはフォーマルのシェア日本2位となり、

年商は60億円超と全盛期を迎えます。

しかし、バブル崩壊、取引先の相次ぐ倒産で当社も経営危機に陥り、負債は数十億円に。

怒涛の自転車操業が始まります。

1998年、窮状を救うべく川辺は大阪に戻り家業に入るも当時の経営状況はどん底でした。

このままでは倒産すると、家業の見直し、事業のイノベーションが始まります。

【これからはインターネットの時代】

1999年、バブル崩壊で倉庫に眠る膨大な在庫をインターネットで販売しようと考え、楽天市場の説明会へ。

三木谷社長から掛けられた「スーツはネットで売れる」の一言に一念発起し、ネット小売の世界に飛び込むことを決意。楽天市場での小売を開始。

続く2000年、本社ビルを結婚式場に改装。日本一安い結婚式場としてメディアにも取り上げられます。

元々礼装メーカー、衣装を持っていたのが功を奏しました。

結婚式場はうまくいくものの、軌道に乗り切らないインターネット通販でしたが、出品数が100、300と増えるうちに月商も300万円、500万円、1,000万円へと成長。

2006年、ネットショップの顧客から日ごと増える「実際に着る場所がないのか」という声に事務所1階の空きスペースに実店舗を開店するものの、アクセスも決して良いとはいえない場所で売上は苦戦。

3人の販売員を揃えながら月商が100万円を切る月ばかりでした。

ネットで販売が当然のようになってきた時代、大手競合の進出、価格競争でネットも鈍化。

集客のための広告の費用もかさむ一方で小規模な店舗でありながら毎月100万円を投じるなど、

負のスパイラルに陥っていました。

【顧客と繋がる!ブログで売上が4倍!広告費はほぼ0に!】

開店から1年が経過した頃、ブログを書いてみればどうか?という知人のアドバイスで店舗でもブログを開始。

2005年からネットショップではブログを始めていたものの、当初は全くその効果が体感できませんでした。

しかしネットと実店舗では集客の方法が違うことを掴み、ブログ開設後1年が経った2007年には売上は前年の倍になり、2008年、実店舗を東京表参道へも出店。

2年後さらに倍と、店舗の売上は2年で4倍にまで伸びました。

しかも年間1,200万円を投じていた広告費はほぼ0にすることへ成功。

「ブログで売上が伸びた」という話は口コミで広がり、

次第にその体験談を「聞かせてほしい」「話してほしい」「うちの会社も観て欲しい」と講演やコンサルティングの依頼が舞い込むようになりました。

ブログ=日記。それが常識となっていて、当時、ブログで集客できると考えている人は少なかったのです。

ブログ集客でこれからの0円集客に可能性を感じ、徐々に利用者数が伸びていたtwitterに目をつけ、

twitterで大阪をよくしようと仲間と共に交流会「ツイ大阪」を立ち上げます。

立ち上げイベントには数百人が参加、当時の大阪市長も参加する大規模な会合となり、大阪の商人によるSNS利用の先駆けとなりました。

2011年、これから到来するSNSの時代を予見、中小企業や個人事業主向けの広告費をかけない集客や販促を学ぶ勉強会をつくります。

当時、日本でもほとんど知る人がなかったfacebookを店舗集客に利用、顧客と繋がる経営を展開。

2012年売上が順調に推移していた店舗を梅田に移転、勉強会を主宰するように。

その後もLINE@、Instagram、youtubeといったメディアを精力的に自社のPRツールとして取り入れてく中、

各地での講演、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで取り上げられるようになりました。

【クラウドファンディングに挑戦!自治体や行政との連携も】

2014年には、融資に頼らない新たな資金調達方法として可能性を感じたクラウドファンディングにも挑戦。

自社による8件のプロジェクトで2,000万円超の資金調達に成功。

その後は自らクラウドファンディングサービスの運営者となり、2年半で大阪だけに留まらず、京都・愛知・神奈川・東京・鹿児島など他府県における資金調達支援は70件4,000万円超を数えるまでに。

一貫として「大阪の中小企業を応援する」を掲げており、クラウドファンディングも大阪地域密着型としてAAVO大阪を運営。

同クラウドファンディングは2014年には大阪市住之江区と連携協定を締結、2015年には大阪府環境農林水産部と環境分野における連携協定を締結、今秋には大阪市港区との連携協定も控えています。

莫大な負債からインターネットでどのように会社を立て直したのか?

次々に登場するメディア・ツールを瞬時に捉え、自社の経営に取り入れてきたストーリー。

96年に立ち上げたメールマガジンの週末起業から20年。

失敗、挫折、成功、川辺友之の半生を余すこと無く皆様と共有します。

その集大成と銘打った講演が、2016年10月18日に大阪市社会福祉指導センターで開催されます。

「なにわのダ・ヴィンチ」の熱い話を是非、お聴き下さい。

そして、これからの大阪の新しいイノベーションに一緒にトライしませんか?

多くのご参加をお待ちしております!

【東大阪西支部】10月例会

日時:2016/10/18 (火) 18:20~ 21:00

会場:大阪社会福祉指導センター

〒542-0065

大阪府大阪市中央区中寺1-1-54

松屋町駅・谷町六丁目駅・谷町九丁目駅

【参加お申し込み】

電話:06-6944-1251(大阪同友会事務所)

FAX:06-6941-8352

で、東大阪西支部の川辺の講演を聞きたいと書いて頂き、お名前を明記して下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。

川辺友之 株式会社NFL代表取締役

1971年4月15日生まれ

1994年 慶應義塾大学卒業後株式会社ダイエー入社

1998年 家業のアパレル会社の3代目として事業継承

1999年 初のネットショップとなる「フォーマル専門店ノービアノービオ」楽天市場出店

2006年 大阪谷町に直営1号店フォーマル専門店ノービアノービオ大阪店オープン

2007年 株式会社NFLに組織変更し、父親の縫製工場も継承

2008年 東京表参道に2号店フォーマル専門店ノービアノービオ南青山店をオープン

2009年 父親の縫製工場NFLソーイングを継承

2012年 ノービアノービオを大阪梅田に移転

2014年 クラウドファンディングFAAVO大阪運営開始

【これまでの主なメディア出演・掲載実績】

毎日放送「せやねん!」

テレビ大阪「夕刊7ch」

ABCラジオ「茂山童司の栴檀代々」

東海ラジオ「安蒜豊三 ニュースファイル」

ラジオ関西「げんげん元気だ月曜日」

朝日新聞・産経新聞・毎日新聞・日経新聞など

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社NFL
担当者名:酒匂雄二
TEL:0668092543
Email:faavo@nfl.co.jp