生産技術の仕事とは、より効率的に製品の生産を行えるように、ライン全体をプロデュースすりょうな存在で、新しい製品の生産を始めるときには、製造ラインを一から構想して設計して、生産が始まるまでの一切の業務を受け持ちます。

また実際にラインが動き出したり生産が始まりましたら、生産機材の保守メンテナンスも行いますし、実情をチェックしてより効率的に高品質の製品製造が滞る事がないように改善したり、改造の設計も行います。

さらにメカニカルな技術者的な要素の仕事よりも、目的達成のために人員配置を見直す場合は製造部門や人事関係の社員と調整を行いますし、調達品の変更や改善によって生産効率を上げる場合は、仕入れ関係の人との調整や折衝を行う必要に迫られる場合も少なくないようです。

ですので技術的に明るい事と合わせて他人との高いコミュニケーション能力も求められる仕事ということになりますね。

生産管理の仕事

時には生産現場と厳しいやり取りになる場合も有るようです。

生産管理の仕事はより効率的な製造ラインの構築ですから、作業手順の見直しは言うに及ばず、手順や受け持ち範囲の変更によって今まで5人で生産していたラインを4人に削減するといった製造現場の作業環境を変更するという事も珍しくありません。

そのことによって今までよりも仕事がきつくなったとか、大変になったといった不満が現場から出た場合に、矢面に立立場になる事もあるでしょう。

生産技術の仕事/疲労イメージ

そうならない為には普段から様々な部署の人と円滑な人間関係を構築しておく必要がありますし、それが出来ない人は生産管理には向いていないと思います。

生産技術の立場は微妙

非常にやりがいのある仕事ですし大きな成果を上げることが出来る可能性も高いですし、基本的には現場の人と対等以上の立場で仕事をする事になりますが、コストをに見合った成果を出せない場合にマイナスが目立つ職種で、足を引っ張りやすい立場だとも言えます。

生産現場から生産技術のポジションに移動する割合

具体的な統計資料は存在しませんが、現場の生産ラインで真面目に働いていて、改善提案を良く出すとか自分なりに創意工夫するとかが認められて現場から生産技術の仕事に上がるケースは少なくないようです。

関連ページ:製造業への就職・転職特集ページ