FavoriteLoading【気になるページとしてリストに追加する】

総合技研株式会社が日本の自動車部品のロードマップを詳細に調査・分析した調査レポート「2016年版 自動車部品のロードマップ」を出版

株式会社データリソース(東京都港区)は総合技研株式会社が出版した調査レポート「2016年版 自動車部品のロードマップ」の販売を開始いたしました。

総合技研株式会社が出版した「2016年版 自動車部品のロードマップ」は、パワートレインの電動化とマンマシンインターフェースにおける電子化・電動化・自動化などを中心に「走る」「曲がる」「止まる」といった車としての基本機能にアクセサリーなどの補助機能の領域においてシステム及び部品のロードマップをまとめています。

調査対象品目・調査項目

I.「走る」「曲がる」「止まる」車としての基本3機能編

1.パワーユニット
1. パワーユニット種類別市場規模とロードマップ
2. 次世代エンジン動向
3. パワーユニットの電動化動向
4. 駆動・発電用モータ(技術動向、市場規模)
5. バッテリー(技術動向、市場規模、納入マップ)
6. PCU
7. 主要エンジン部品の動向

2.トランスミッション(AT、CVT、AMT、DCT)

3.ブレーキ
1. ブレーキシステムの動力源
2. 電子化・電動化によるブレーキシステムの進化
3. ブレーキの高機能化・多機能化・自動化
4. 減速エネルギー回生利用システム
5. 技術のロードマップ
6. ブレーキシステムの電動化に伴う今後の変化
7. ブレーキブースタの動向
8. ABS・ESC市場動向(市場規模、シェア、納入マップ)
9. EHB市場動向(市場規模、シェア、納入マップ)

4.ステアリング
1. ステアリングシステムの高機能化
2. ステアリングに対するニーズ
3. 技術のロードマップ
4. ステアリングシステムの将来像(2030年~)
5. ステアリングシステム(基本構成)の今後の変化
6. パワーステアリング市場動向(市場規模、種類別内訳)
7. アクティブステアリング・VGRS市場動向(市場規模、納入マップ)

5.自動運転実用化に向けたロードマップ

II.快適装備・安全装備編

1.エアコン(電動化・電子化動向)
2.シートベルト
3.パーキングブレーキ
4.エアバッグ
5.電子ミラー

このレポートについて

2016年版 自動車部品のロードマップ
出版社:総合技研株式会社
出版年月:2016年9月
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/sgcarroadmap.html

総合技研株式会社について

株式会社データリソースは総合技研株式会社の販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。
http://www.dri.co.jp/auto/report/sg/index.html

このプレスリリースに関するお問合せ

株式会社データリソース (総合技研株式会社 正規販売代理店)
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp