費用もかからず効果が絶大な宣伝広告に新聞紙上等のメディア媒体で記事として取り上げて貰うという方法があります。

例えば日経新聞に取り上げられることにでもなれば宣伝効果は抜群ですが、ではプレスリリースとして取り上げて貰うにはどうすれば良いのかその方法について書いてみます。

新聞社に直接情報を流す

基本的にどこの新聞社でも外部からの情報受付窓口を持っていますので、そこにFAXやメールで情報を流す方法です。

そのためにまず代表の電話番号に電話をして情報を出したい旨とその内容を簡単に伝えて、どこに情報を流せば良いのかを確認して流します。

その際に流す情報をきちんと整理しておくことがとても大切です。

ニュースとしての価値があると思われるかどうかというのは、内容もさることながら実は綺麗に原稿をまとめて有るかどうかがとても大切ですが、専門誌へ情報を流す場合を除いて相手は業界のことや技術的な事は分からない素人ですから、要約の段階でわかりやすく伝わるようにする必要があるのです。

全体を要約したものと手を加えなくてもそのまま記事として使えるくらいに原稿を書いて流しますと、取り上げて貰える確率が高くなります。

全国紙ではなかなか取り上げて貰えない場合でも意外と地方紙であれば、結構ネタに困っていたりしますので、取り上げて貰える可能性は低くはないです。

プレスリリース配信代行サービスを利用する

無料から有料でニュースリリースを一括して各種媒体に送信してくれるサービスがあります。

本サイトのニュースも配信代行サービスに媒体としての登録をして、ニュースを受信しています。

有料サービスになりますと原稿の添削を手伝ってくれたりといったサービスが有ったりします。

メリットとして一回の作業で沢山の媒体に情報を流せるという事と、ネット系の媒体では紙面の制約のような事はありませんから、流れてきた情報を機械的に掲載していますから何らかの媒体に掲載される可能性は非常に高いのです。

プレスリリース用の原稿を自分で書くと別のメリットも

限られた文字数の中で見知らぬ相手の興味を引いたりメディアの担当者がニュース性を感じるように伝わる文章を考えて書いてみるというのは、ホームページで何かを表現して伝えるスキルの向上に役立ちます。

例え思い通りにプレスリリースとして取り上げて貰えなかったとしても、考えて伝わる文章を作る事はあとになって役立つかもしれません。

もし、どうしても自分で書けない場合に添削や代行を頼むという方法も有りますが、まずは自分で原稿を作ってみる事をおすすめいたします。