もし貴方が新人教育で物覚えの悪い新人の教育を任されて悩んだり困ったりしているのであれば、それは自分にに対する点からのプレゼントだと思えるかどうかがとても重要な事だと思ってください。

人にものを教えるのが上手な人と下手な人がいますが、下手な人の特徴というのははっきりしていまして、少し観察すればすぐに見分けることが出来ます。

それは、覚えが悪いとか何度言っても理解しないとか全てを教わる側の原因としか考えないで愚痴ばかり言うような人で、教えるのが下手な人間ほどそんな教わる人の愚痴ばかりを言っていますから、見ているとすぐにわかると思います。

指導風景

教え方が下手な人の下には天の配慮でわからず屋が来る法則

と思えるようになったら、貴方は人を教える事が上手な人へ仲間入りする第一歩を踏み出した事になります。

自分の教え方が上達するように物覚えが悪い人がやってきた事で、教え方を工夫してみるとか、マニュアルを作ってみるとか、マニュアルまでは行かないまでも紙に書いて教えるとか、教え方で工夫できる点というのはいくらでも出てくるものです。

たとえばこれが営業の仕事をしていると考えると、指導者としてではなく相手はお客ですから、それはもう親切丁寧に説明し指導しないとならないわけですよね?

人を指導したり教える事が上手な人は出世する

これに異論がある人は少ないと思いますが、ピラミッドで言うと自分の下が広くしっかりしている人というのは、崩れることも無く楽に上に行くことが出来ます。

逆にもっと上の経営者から見ても、新人教育を任せたのに自分の教え方が下手なのを棚に挙げて、部下の愚痴ばかり言っている人を出世させようとは思いませんね。

それよりも例え物覚えが悪い人の指導を担当する事になっても、愚痴を一切言わずに工夫と改善を考える人のほうが出世させようと思いますよね?

この考えは全てに通じます。

難しい仕事、製造業の世界でしたらとても難易度の高い部品加工の仕事を任された時に、難しくて大変だと愚痴を言うのか、それとも自分のスキルを高めるチャンスだと積極的に捉えるかによって、その人の将来は大きく違ってくるものなのです。

貴方がこのページにたどり着いたという事は部下の指導や教育で困ったり悩んだりしているのだと思いますが、それは天からの素敵なプレゼントだと思えるかどうか、という事に早く気がついて素敵な人生を歩んで頂きたいと思います。

では貴方の今後の活躍を期待しています。

関連ページ:製造業への就職・転職特集ページ