FavoriteLoading【気になるページとしてリストに追加する】

※まだ貴社工場を登録していない方は今すぐ当サイトに無料登録して下さい。

製造業の方が新たに取引先を開拓するのは難しいというイメージを強く持っていらっしゃる方が多いと思いますが・・確かに通常の営業活動の延長で考えてしまいますと難しいと思います。

何故ながら従来の延長上で製造業の営業手法を考えてしまいますと、人(つまり営業マンですとか場合によっては社長自らという事です)が営業する訳ですから物理的な意味でも難しいわけです。

  • アポイントを取ろうと電話しても担当者も知らないし大概の場合は電話受付を突破する事が出来ない
  • 実際に飛び込みで客先を訪問してもアポ無しで面談に成功する可能性が非常に低い

とても製作技術や加工技術を持っていても売り込みたい相手に会ってアピール出来なければ何も始まらない・・・なんて思ってしまったら未来永劫貴方の会社は取引先の開拓に苦労する事になると思います。

人が障壁を乗り越えて担当者に営業するよりも、製品や技術そのものに勝手に担当者にアピールして貰って、担当者からの問合せを待っているだけのほうが取引先の開拓には困らないからです。

はい、ご察しの通り、人が汗を書いて客先を訪問して取引先を開拓する方法はキッカケが有る、つまり担当者までたどり着ける場合でしたら非常に有効な手法ですが、担当者に会えないとか、そもそもターゲットとなる相手が絞り込めていないとかリストがすら無いという場合は、ホームページが24時間、顧客開拓をやってくれる仕組みを作ってしまう事が非常に有効です。

必要性を感じたらネットで調べる

はい、それは一般の人でも貴方が自社の売り込みたい製作技術や加工品を探している会社の担当者でも同じことです。

具体的にどうすれば良いかは下記のページで説明していますので、参照してみてください。

ホームページで新規顧客を開拓する方法

さて具体的な事は上記ページで見て頂くと致しまして、ホームページはキッカケを作るだけのツールであると割り切ってしまうと、キッカケが出来た後に必要な事が色々と思い浮かんで来ると思います。

もし訪問するとなると何が必要か?から始まりまして、・・・・などという事もそうですし、意外と社長の外観といいますか見た目なんてあまり取引先の開拓とは関係ないと思っている部分まで関係して来てしまったり致します。

少し長くなってしまいましたので、また別のページで続きを書かせて頂きます。

関連ページ

製造業の営業