FavoriteLoading【気になるページとしてリストに追加する】

製造業つまり工場で働こうと入社試験を受ける際に、学力試験や作文や面接と並んで適性検査を実施する場合が少なくないようです。

ちなみにこの適正検査というのは元はアメリカの軍隊で取り入れられた検査方法で、適性検査を取り入れたことによって、生産性があがったとの事で今では多くの民間企業が取り入れているのが実情です。

適性検査の正確性について

これは私自身の感覚でしか有りませんが非常に良く当たると言い切ってよいと思います。

これは統計学的な蓄積を長年にわたって行われてきたという事もあって、性格が非常によく表れるようで大手企業をはじめとして人事採用には無くてはならないツールとなっているのが現状です。

では適性検査に対策は無い?かといいますと実はちゃんとあります。

適性検査は受けているときの心の状態が非常に強く反映されます。

イライラしているとそれが検査結果にも素直に表れて短気な性格だとか、落ち着きが無い人だとかちゃんと結果に現れてきます。

ここまでよろしいですね?

では心の状態を平穏無事にするにはどうすれば良いでしょうか?

人の心は自分の言葉に強く反応します。

毎日幸せで周りにいる人も明るく出来る人です、こんな人は人事課の採用担当でしたら是非採用したい人材という事になりますよね?

では3日ほど毎日30回とかこんな風に声に出して唱えてみてください。

「私は明るい性格です」

「私はまじめな性格です」

「私は周りの人まで明るくする事が出来る人です」

「私は落ち着いて仕事にまじめに取り組める人です」

こういった事をですね例え心で思っていなくても毎日、毎日(といっても3日程度で十分に適性検査対策になります)唱えていると、何故か自分の言葉に反応して、心の状態もちゃんとついてきて変わってくるように人は出来ているのです。

いいですか?適正試験というのは人の性格を見抜く試験ですが、すなわち心の状態を推し量るという事なのですから、心の状態を変化させない限りは、どんなに頑張っても適性検査で採用担当者が採用したくなるような結果は絶対に出ないのです。

不安な心の状態も適性検査にはマイナスでしかありません

就職試験というのは緊張するものですし、絶対に入社したいと思えば思うほど緊張したり不安な気持ちになるものですが、そんな状態になっても良いことは一つもありませんよね?

これも前出と同じ事で「私は大丈夫、緊張なんてしていない」と口に出して唱えていれば、ちゃんと心はその状態に向かってきますので、とにかく試してみて下さい。

難しくも有りませんし誰でも出来るお金もかからない事なのですから。

では入社試験のご健闘をお祈り申し上げます。

関連ページ:製造業への就職・転職特集ページ