関連コラム

全く畑違いながら業界内で圧倒的な力を持っていた企業が短期間で凋落する例として、楽天市場の凋落がありますが、共通して言えるのが規模拡大を目指して拡大した結果として、リスクが高くなってやがてリスクが顕著化して凋落の始まりという事です。

相乗効果を出すのは意外と難しい

いまだにウィンウィンの関係という言葉を出す人も多いわけですが、水力や火力発電で培った技術をもって原子力発電に手を出すと聞けば、全く畑違いでもないし過去のノウハウを生かして事業規模の拡大が出来るという青写真を描くことが出来るのですが、実際のところでは政治的な事柄が絡んできてリスクヘッジに失敗してしまいましたよね。

楽天の場合は大元であるショッピングモール事業の凋落があって、金融部門が業績を伸ばしていますから、一概に言えませんが、過去の事業買収とかM&Aなどで相乗効果を発揮できた例よりも、数年後に凋落が始まった例のほうが多いように感じています。

マネーゲーム・パワーゲームで日本企業は勝てない

まず東芝の筆頭株主はアメリカ企業だったり誰もが日本企業だと思っている老舗企業であっても株主構成をチェックすると、日本企業とは言えない企業が増えています。

国際化だとかグローバル戦略みたいな空気に突き動かされて、気が付いたらグローバル企業が株主としてどんどん入ってきて(信託銀行経由等の迂回も多い)、日本企業ではなくなっているケースが多いのですけど、国を超越した多国籍企業が取り仕切る土俵に上がっていっても、気が付いたら日本的な経営が出来なくなっているケースが少なくないのではないでしょうか?

東芝凋落の根源はグローバル競争に迂闊に入っていった事

そもそも通貨発行を完全にコントロールできていない国家もありますし、発行通貨量と為替相場の動きが完全に相関関係が成り立っていないような状態で、一切日本が関与できないルールの上に運営されている世界に日本企業が乗り込んでいっても絶対に勝てないと思っています。

ガラパゴス化した市場・・せっかく巨大市場を構築して外部からの進入を防いでいたのに、わざわざ日本独自規格を捨てて世界標準に合わせた事は間違いだったと思うのです。

わざわざグローバルな路線に進んでいって、自滅していくというパターンの凋落が日本の大企業で顕著化してくるのはまだまだこれからでは無いでしょうか?

まぁ凋落する代わりに外国資本の傘下になっていましたという例も今後更に増えるでしょうね?