数日前に、東芝凋落の原因とサザエさん視聴率低下とスポンサー撤退というコラムをアップしましたが、意外とアクセスが多いのでびっくりしているのですが、気になって少し東芝について調べてみましたら、びっくりと言いますか予想通りの状態だったので書いてみようと思います。

既に東芝は日本の企業だと言えないのでは?

現時点での東芝の株主構成ですが筆頭株主はJP MORGAN CHASE BANK となっていますから、アメリカの銀行が筆頭株主になっています。

では次の大株主を見てみますと日本マスタートラスト信託銀行という信託銀行になっています。

ご存知の通り信託銀行というのは投資家から資金を預かって代理で運用するのが業務ですから、資金の出所はよく分かりませんが、少なくとも日本国内からの出資が100%ではないですよね?

詳しくは東芝のホームページで公開されていますから参照いただければよいと思いますが、以前に一部上場の企業(製造業)の過半数は外国の会社?で書いたとおり、正真正銘の日本企業だといえない状態になっていると思います。

別に日本企業だろうと外国企業だろうと、良い製品を世の中に送り出して適正利潤を上げて社会に貢献していれば良いわけですけど、国内の小さな電気店を切り捨てたりサザエさんの単独スポンサーから撤退したり、まぁ日本国内で商売するには少し問題があるような気がします。

東芝のエアコン室外機

でですね、株主構成からみて東芝が日本企業というのが微妙な状態だとしても、世間一般から見たら純日本企業なのですけど、実際の経営が企業買収をしたり部門を切り売りしたり外資系企業としての行動原理で動いていたら、アンバランスな感じでどこかで無理が出てしまうのではないでしょうか?

思うに日本国内という巨大な市場があって勤勉な労働者が揃っている日本国内市場だけというわけにはいけないのかも知れませんが、少なくともリスキーな部門でしかもアウェイな市場に出かけていって勝負するよりも、国内市場にもっと目を向けていればここまで凋落する事は無かったような気がします。

私の知る限りではいつの間にか外国資本の比率が高くなってきて、国内を疎かにした日本企業というのは衰退したり、基礎的な技術の蓄積が出来なくなってしまうケースが多いように感じるのです。

瀬戸際に立たされてしまった東芝ですが、ここで日本国内市場に目を向けるか、間違った選択と集中で日本国内市場を切り捨てるかで将来が決まってしまうと思います。

まぁサザエさんのスポンサーから撤退したらダメでしょうね。

東芝凋落の原因はレアケースなのか?